天神駅チカのレーザー脱毛が安い美容クリニックガイド

ワキ

脇

このページではワキ脱毛を考えている方のために、クリニックごとに施術料金・使用マシン・所在地についてまとめています。

ワキの医療レーザー脱毛の料金を天神にあるクリニックでチェック

「カミソリ負けしやすい」「剃ったあとのプツプツがイヤ」「何度も剃るのは面倒」とムダ毛に悩む人は多いでしょう。こちらのページでは、ムダ毛の悩みを解消する医療レーザー脱毛が受けられるクリニックを探してみました。料金の手ごろさ、使用マシンの豊富さ、アクセスのしやすさをクリニックごとに一覧にしているので、気になる方は参考にしてくださいね。

クリニック名 ワキ脱毛の料金 使用マシン 所在地
天神皮ふ科 通常/5,800円(1回)
会員/2,000円(1回)
CANDELA GentleMax
アレキサンドライトレーザー
YAGレーザー
Gentle LASE Pro
Gentle Max Pro
Gentle LASE
地下鉄天神駅より徒歩5分
福岡(天神)駅より徒歩5分
共立美容外科福岡院 通常/10,300円(1回)
特別/3,400円(1回)
Gentle LASE 地下鉄天神駅より徒歩10分
福岡(天神)駅より徒歩10分
あやべビューティークリニック福岡
(旧:福岡三井中央クリニック)
通常/18,000円(1回)
特別/3,240円(1回)
クリニックへ要問合せ 地下鉄天神駅より徒歩31分
福岡(天神)駅より徒歩30分
赤坂クリニック 通常/5,000円(1回)
特別/22,500円(5回1クール)
アレキサンドライトレーザー
ダイオードレーザー
YAGレーザー
ソプラノアイス・プラチナム
地下鉄天神駅より徒歩12分
福岡(天神)駅より徒歩14分
清美会クリニック
(旧:アテナクリニック福岡)
通常/6,117円(1回) ARION 地下鉄天神駅より徒歩9分
福岡(天神)駅より徒歩8分
品川美容外科福岡院 通常/2,991円(1回) クリニックへ要問合せ 地下鉄天神駅より徒歩9分
福岡(天神)駅より徒歩5分
城本クリニック福岡院 通常/3,218円(7回コース) アレキサンドライトレーザー
ダイオードレーザー
地下鉄天神駅より徒歩8分
天神(福岡)駅より徒歩7分
聖心美容外科福岡院 通常/7,560円(1回) ソプラノアイス・プラチナム 地下鉄天神駅より徒歩10分
福岡(天神)駅より徒歩7分
佐野クリニック 通常/21,600円(1回) アレキサンドライトレーザー 地下鉄天神駅より徒歩5分
福岡(天神)駅より徒歩5分
博多天神スキンクリニック 通常/10,800円(1回)
初回/1,080円(1回)
アレキサンドライトレーザー
ジェントルヤグ
ジェントルマックス
地下鉄天神駅より徒歩3分
福岡(天神)駅より徒歩7分
湘南美容外科・福岡院 通常/1,000円(5回コース)
特別/3,400円(無期限・無制限)
アレキサンドライト
ウルトラ美肌脱毛
メディオスター
地下鉄天神駅より徒歩7分
福岡(天神)駅より徒歩4分
ザ・クリニック福岡 通常/10,368円(1回)
初回/9,331円(1回)
フォト脱毛 地下鉄天神駅より徒歩10分
福岡(天神)駅より徒歩8分
ファーストビューティークリニック 通常/10,800円(1回) アレキサンドライトレーザー 地下鉄天神駅より徒歩9分
福岡(天神)駅より徒歩6分
リゼクリニック 通常/4,900円(1回) ライトシェア・デュエット 地下鉄天神駅より徒歩5分
福岡(天神)駅より徒歩7分
メディカル美容クリニック福岡 通常/8,640円(1回) メディオスターNEXT PRO 地下鉄天神駅より徒歩9分
福岡(天神)駅より徒歩9分
松林景一美容クリニック天神 通常料金/32,400円(5回コース) アレキサンドライトレーザー 地下鉄天神駅より徒歩3分
福岡(天神)駅より徒歩5分
サクラアズクリニック福岡 通常/7,560円(1回) ラインスキャン808
アリオン
地下鉄天神駅より徒歩9分
福岡(天神)駅より徒歩8分
天神総合クリニック 通常/8,640円(1回) クリニックへ要問合せ 地下鉄天神駅より徒歩8分
福岡(天神)駅より徒歩3分
福岡アールスキンケアクリニック 通常/3,000円(1回) Motif LHR 地下鉄天神駅より徒歩7分
福岡(天神)駅より徒歩6分
ブリスクリニック 通常/3,024円(1回) ジェントルマックスプロ 地下鉄天神駅より徒歩18分
福岡(天神)駅より徒歩14分

初回・特別料金もチェックしてみる

ワキ脱毛の一覧表を見てみると、1回3,000円から施術を受けられるクリニックが多め。1回の施術が安いだけでなく、会員価格や特別価格、コース価格で、よりお得に脱毛を受けられるクリニックもあるようです。医療レーザー脱毛は1回の施術で効果がある人もいますが、人によっては複数回施術を受けないと効果が出ない場合もあります。コストを抑えて脱毛するなら、通常料金以外の料金プランがないかチェックしてみましょう。

自分の肌に合ったレーザー脱毛を受けるならマシンが多い所を選ぶ

クリニックのなかには、複数のマシンを使い分けているところもあれば、選りすぐった1種類のマシンのみで対応しているクリニックもあります。効果的な脱毛を受けるなら、マシンを豊富に揃えているクリニックがオススメ。毛量・肌質・毛の濃さに合わせて使用するマシンを変えてくれるため、剃り残しやレーザーが肌に合わないなどのトラブルを避けられるでしょう。

天神周辺のクリニックは徒歩10分圏内が多い

多くの医療レーザー脱毛が受けられるクリニックは、天神駅から徒歩10分圏内とアクセスしやすい場所に立地しています。仕事帰りや家事育児の合間など空いた時間で通えるように、職場や家から近いクリニックを選ぶと良いでしょう。

ワキの医療レーザー脱毛の効果と施術回数を解説

ワキは比較的脱毛しやすい部位で、レーザーの種類にもよりますが、目安としては5回程度の施術でほとんどの人は自己処理が楽になるのを実感できます。そして期間は1年半から2年程度。

レーザー脱毛でダメージを与えられるのは成長期にある毛のみ

なぜ複数回の施術が必要なのか、そして長い時間がかかるのかというと、毛のサイクルに関係があります。

満足できるレベルにまで毛を減らせるかどうかは、求めるレベルによってももちろん異なるのですが、レーザー脱毛を行う際に、成長期であるムダ毛がどれだけ多いかによっても最終的な回数は異なってくるのです。

そもそも医療レーザーによる脱毛の仕組みは、毛根にあるメラニン色素に反応する波長のレーザーを使って毛根にダメージを与えるという方法です。そして1回のレーザー脱毛でダメージを与えられるのは2割程度。これは成長期にあたるワキの毛がその程度だからです。

一度レーザー脱毛の施術を受けただけでは必ず新しい毛が生えてきます。

毛は成長期と退行期、そして休止期があり、レーザー脱毛は成長期にあるムダ毛にしか効果がありません。退行期と休止期にある毛は毛乳頭と表面に出ている毛が繋がっていないため、毛母細胞と毛乳頭にダメージを与えられないのです。

そして今肌の表面に出てきていない毛にダメージを与えるには、ターゲットにしたい毛が成長期になるのを待つ必要があります。

ワキの毛は、だいだい2ヶ月から3ヶ月程度のサイクルで活動期に入るので、間隔を開けて新たに活動期になった毛をある程度揃えることで効果的に脱毛ができるのです。

2回目のレーザー脱毛は、初回の施術から2~3ヶ月間あいだを開けて行います。例えば、1ヶ月ごとに施術を行い、5ヶ月で5回施術した場合と、合計5回の施術を1年半から2年ほどかけて行う場合ではどちらのほうが無駄毛を減らせるかというと、断然後者です。

早くツルツルになりたいからと、ただ回数を増やすだけではだめ。適切な間隔で施術を受けることで、5回程度で自己処理の必要性を感じなくなる人もいます。

ただ、5回というのはあくまでも目安です。痛みを強く感じる人や、肌が弱い人は高出力のレーザーに耐えられません。レーザーの出力を弱めれば、満足できるレベルにまで脱毛できる回数は当然増えていきます。

また、肌や体毛の質によって使用できるレーザー脱毛器の種類も異なるため、回数は変わります。

年齢や毛の色によって、脱毛効果に差が出る

脱毛の効果には個人差もあります。といっても、ワキの毛が細く、色が薄い人のほうが回数が少なくて済むというわけでも、体毛が濃い人は回数が多くかかるというわけでもないのです。

レーザー脱毛でもっとも一般的なアレキサンドルレーザーは、一般的な脱毛器ではレーザーは肌が白く、毛が黒い状態であるほど脱毛の効率が上がります。

色黒でかつ毛の色素が薄いタイプの人がアレキサンドルレーザーの施術を行えば、黒々とした毛が生えている人よりも回数が必要になるでしょう。毛が丈夫で色が黒く、本数が少ない人が施術回数も少なくて済むということになります。

また、脱毛レーザーを用いて、一度成長期の毛にダメージを与えることができれば、毛根から二度と毛が生えてこないかというとそうとも限りません。人の身体には自己修復機能があって、変質して活動出来なくなっていた毛根が再び活動を始めることがあるからです。

髪の毛で考えるとわかりやすいのですが、薄毛の人は、自然に抜けた髪がなぜか生えてこない状態です。毛穴そのものが生きていれば再び新しい髪の毛が生える可能性があるため、発毛という研究分野があるのです。

その他、女性の場合は、年齢と共に体毛が薄くなっていき、毛根が復活しにくくなっていくのでレーザー脱毛を受けた年齢が高いほど復活しにくく、若いほど再びムダ毛が復活する可能性が高いことになります。

ただ、これも非常に個人差があるため、レーザー脱毛から10年以上経ってもほとんどムダ毛に悩まされることはない事もいれば、数年で再びムダ毛が気になってしまう人というのもいます。

できるだけ効率的にレーザー脱毛を進めるには、脱毛期間に日焼けや色素沈殿を起こさないように肌のケアを行うこと、そしてムダ毛の脱色もしないことです。

脱毛が終わるまでは長い時間がかかるので、まったく自己処理をしないわけには行かないでしょう。ですが途中で毛を抜いてしまうと成長期が狂い、効率が下がります。家庭用脱毛器などは使わずに、シェーバーやカミソリでお手入れするように心がけてください。

ワキの医療レーザー脱毛の痛みと対処法を解説

医療脱毛でもっともメジャーな脱毛器は、アレキサンドライトレーザーを活用したものです。

そして今出回っている機種には、冷却ガスを噴射する機能があり、レーザー照射前に一気に肌を冷やすことで感覚を鈍らせて、痛みを感じにくく、そして肌への悪影響を最低限に抑えることができる仕組みになっています。

痛みを感じにくいように工夫されていますが、全く痛みがないわけではありません。ほとんどの人は我慢できる程度の痛みだと言われていますが、人によっては痛みによって脱毛レーザーを断念するという人もいます。そう聞いてしまうと、痛みに弱いと自覚のある人は怖くなってしまうかもしれませんね。

ですが医療レーザーによる脱毛は、当然医療機関で行われるものですから麻酔を使用することが出来ます。痛みに弱い場合は麻酔も検討してみてください。

ワキのレーザー脱毛でよくされるのは、麻酔クリームと、歯医者などでもよく用いられている笑気(亜酸化窒素)麻酔です。

笑気麻酔は全身麻酔のように強い作用はなく鎮静・催眠作用そのものは強くありませんが、お酒を飲んでほろ酔い状態になったような感覚で、リラックスもでき、また意識がある状態で施術できるので安心感があります。[1]

麻酔クリームは麻酔効果が出るまで1時間ほどかかってしまうので[2]、予約をとる段階で麻酔クリームを使って欲しいとお願いしておくとスムーズに施術ができます。

金額はクリニックにもよりますが、麻酔クリームも笑気麻酔も3千円から5千円程度です。痛みに弱い人は、一回の施術費用だけではなく麻酔の金額も合わせてクリニックを選ぶといいでしょう。

脱毛の痛み対策の注意点

痛み対策としてやってはいけないことは、自己判断で痛み止めなどを飲んでしまうこと。鎮痛剤等を事前に飲んでおけば良いのでは?と考える人も多いのですが、実は危険な行為です。

薬のアレルギー症状には皮膚のかゆみや発疹、じんましんが起こる場合もあるからです。解熱消炎鎮痛薬のひどい副作用としては、中毒性表皮壊死症などもあります。[3]

脱毛レーザーのあとは、普段以上に肌がデリケートな状態です。少なくとも個人の判断で市販薬を飲むことはしないでください。また、施術後も自己判断では飲まないように気を付けましょう。

施術後の痛みに対しては、施術してもらったクリニックによる注意事項をしっかり守ること、施術後にもらった塗り薬などを適切に使用することも大切です。

レーザー脱毛後の肌の状態は、基本的に日焼けレベルでの軽いやけど状態だと考えてください。ですから、一般的に日焼けややけどをした時にしてはいけないことは、脱毛レーザーの施術後には避けるべき行為になります。

具体的には紫外線にあたらないように気をつけて、こすったりかいたりといった刺激をさけ、身体をなるべくあたためないなどです。血行が良くなる行為、飲酒や湯船に入っての入浴、汗をかくような運動は痛みを強める原因になります。

日焼けを避けて、色素沈殿を起こさないように適切に肌をケアすることで、次回の脱毛レーザーの効果もあがります。

ただ、施術後に強い痛みがあれば、やけどの程度がひどいということもあります。その場合は迷わずに施術したクリニックに連絡をとってください。早期のケアであるほど、状態の悪化を避けることができます。

参考:[1]『麻酔薬および麻酔関連薬使用ガイドライン 第3版 Ⅳ 吸入麻酔薬』公益社団法人日本麻酔科学会

[2]『概要局所麻酔剤エムラクリーム』佐藤製薬株式会社

[3]『中毒性表皮壊死融解症(中毒性表皮壊死症)』独立行政法人医薬品医療機器総合機構

天神駅近くの医療レーザー
脱毛クリニックの料金比較

サイトマップ